Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

山頂へ・・・

麗らかな日差しの春の今頃は天気が良ければサイクリングに絶好の季節ですね。年度末でもある月末の土曜と日曜は「上へ上へ」と頑張ってみました。

実際のところ、サイクリングを再開しメタボからやっと脱したばかりの53歳には少々ハードな坂道でしたが、なんとか写真撮影ストップ以外には根性で一度も足を着かずに無難に「山頂へ」到達しました・・・ エープリルフールではなく本当です。

まず土曜日ですが・・・

例によって土曜診療を終えてそそくさと2時半に出発しました。もちろん、土日に必死で遊ぶには普段から必死で患者が悪化しない様に頑張っております。特に透析患者と介護施設の要介護者の状態安定こそ遊ぶに必須の要件ですから。

 

目的地は院長室から毎日はるか遠くに眺めている山の上の自衛隊基地(レーダーサイト)です。上の写真で305号線の標識の右上の稜線上に小さく白くポツンと丸いレーダーが写っています。ここまで既に500m以上は登ってきています。

 

中国共産党、対朝鮮労働党の防衛任務で非常に緊迫し忙しいと思いますが、どうか頑張って我が国を野蛮人からお守りください。

 

そこの標高はちょうど1000mで、登りの平均斜度は6.3%です。結構きついです。しかし今回初めて山頂まで行きましたが、交通量も少なく、なかなかに素敵な道です。遠くの同じく稜線上には気象庁のレーダーサイトもあり、コレも遠くから良く見えるものです。

ほぼ一気に登りが続きますので、当然ですが下りの1000m一気ダウンヒルは豪快そのものでした。まだ続くのか?と飽きるほどでした。ここ最近の最大標高差は650mほどでしたので、一気に記録更新です。夕方でしたので少々寒さを感じましたが気持ち良さが勝っていました。

ついでに日曜日は次の記事で書きますが、別の山に1250mまで登りましたが、標高500mから登り始めですので標高差は750mほどでした。しかし、連続して引き続き標高差450mの峠を登りましたので、一日の計としては日曜日の方が1200mと記録更新しています。

さて話は戻りますが、途中で若いサイクリスト2名とすれ違いましたが、二人とも30歳前後のようでした。僕と比べ結構薄着で驚きましたが、もう春なんですね。長いダウンヒルは汗のせいで僕は寒くて困りましたが、さすがに標高1000mでは気温が違いますね。

帰り着いたのは夜7時を少し過ぎていました。幸い前後のライトが強力でしたので快適に日没時刻を気にせずに帰宅できました。

一気に標高差1000mの山頂へ登り切り、サイクリストの仲間入りが出来た様な気がしました。

読んでくれてどうもありがとう