Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

大満足ではないけれど・・・

今日、6日の月曜日、恐らく祝日(何の日でしたっけ?)で長かった今年のGW(愚痴ウイーク)も終わろうとしています。m3ブロガーも科学の真の進歩のために身命を捧げる夢見センセの他は静かな休日をお過ごしの様ですね。僕はいつものように週末を過ごしました。つまり今日も既に夜までの仕事突入です。でも、連日ここらは天気も良く、内容も大満足とは行かぬもののホドホドに充実したGW最後の日曜日となりました・・・

土曜の夜は僕と妻の双方の両親を招待して妹家族も一緒に総勢10人を超える夕食会を催しました。どこへも旅行に連れて行けない代わりのささやかな食事会でしたが、健康に妻の両親も一緒に三世代での集まりが出来るのは非常に幸せなことと思います。先日せっかくの写真が消去されたので、父とワンコの写真をまた撮りに一緒に散歩に行きました。

 

さて、翌朝起きての最初はワンコ達とのお散歩でした。いつものコースとは異なる市内のダートコースを含め約1時間ほど、坂あり階段あり森林浴あり・・・ 午後からの1時間の繁華街コースを含めバラエティーに富んだGW特別散歩コースでした。前日も久々の公園に行きましたので、ワンコ達もGWを感じてくれたことでしょう。

あまりに気持ちのいい天気でしたので、妻がお化粧に入念に手間暇と時間をかけてる間に家の近くをサイクリングしてきました。緑も多くアップダウンの多い地域で散歩には良い場所ですが、改めてサイクリングにも最適な地域だと再発見しました。

 

近所の動物園や植物園の坂は斜度が軽く10%を超える場所がありますし、お隣の高級住宅街は車や人も少なく道も適度に坂があり曲がりもあって、そこを適当に周回しているとワザワザ交通量の多い平坦な道路を走ることも無いなぁと「お気に入りコース」に認定しました。 

 

次は、妻の「あなた付いてきて、専門家のアドバイスを頂戴・・・」との要望に沿って乗馬クラブを二ヶ所見学に行きました。どうも僕のサイクリングに触発されたのか、今後の健康への期待を込めて何かスポーツの趣味を持ちたがっているようでした。同年代のご夫婦が仲良く乗馬されている姿が羨ましく思われました。僕もまた乗ろうかなぁと少し思いましたが、やりたい事が多過ぎて時間が・・・と諦めムードです。

二ヶ所観終って感想を聞くと、「アッチの方がインストラクターはイケメンだったわァァ カッコいいし上手そうだし・・・」と眼の前のイケメンの夫が眼に入らぬかのような危険なコメントを残してくれました。よく聞く様な間違いが美しい妻に起きないと良いのですが・・・ でも、ホントに続くのかが一番心配です。そこの前身の乗馬クラブには試合で30年前に数回行ったことがありますが、少し前に市街地から郊外に移転して長閑な環境で、チャラチャラしてない30年前の懐かしい雰囲気がありました。

夕方少し遅れて市内のヨットハーバーに行きました。大学の後輩達が出場するヨットレースの応援がてら妻と久々にハーバーに行きましたが、既にレースが終わって後輩達は引きあげていた後でした。でも、妻と二人で桟橋をあるいて誰かさんの大型クルーザーヨットを眺めていると、楽しかった日々が蘇ります。

翌日のレースを控えて昨夜はOBも食事会に招待してくれましたが、数万円の運営費の寄付金を持参しての参加は楽しい義務?なのでしょう。一緒にヨットに同乗したことのある後輩達も7~8名いましたし、運動部でのOBの役割も大切かと思っております。既に現役部員全員が僕の卒業後に生まれた人ばかりで子供と話してるのと一緒ですが、OBの昔話を繰り返し聴いてくれるので感謝しています。少し若くなった気持ちになりますから・・・

そんなこんなで今年のGWは大満足ではないけれど、なんとか有意義に過ごす事が出来ました。単なる土曜の午後と日曜の出来事なので別にGWでなくても構わないのですが、特段の悲しみや不幸に遭遇するわけではなく、健康に感謝しつつ昔を懐かしく温め直すことも出来、仕事が減ったり納税額が減ったりと悩むことも無く、落ちついた気持ちで穏やかに過ごせた素敵なGW(ゴールデンウイーク)になったかなぁ・・と、さほどの愚痴をこぼさずに今日からまた働こうと思います。

さあ、またこれからも頑張りましょう