Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

ちょっと大阪へ② 美女たちと

えぇぇっと、大阪駅で待ち合わせしていたうら若き美女たち3名・・・定刻ピッタリに集合です。それから一流企業にお勤めの高学歴・高収入の独身女性の皆さんと、軽くビルの29階展望レストランで食事して、「楽会」と云う名のコンサートへとタクシーにて向かいました。

どのようにして、このような人も羨む境遇となったかは秘密です。ホントかウソか・・・、これはホントです。決して妄想や願望などという幻の報告記事ではございません。正真正銘、足が計6本ちゃんとありました・・・

向かうは4月に新装成りました中之島の新フェスティバルホールで、佐野元春さまのコンサート、こけら落とし公演です。佐野さんは1980年春にデビューなさいました。僕は1981年春よりフォロー開始、1982年春より全国各地でコンサートに参加してきましたが、昔のフェスティバルホールにも最終公演に来ています。昔のブログ記事に書いてます。佐野さん自身はフェスチィバルホールで過去30回のコンサートをされている様です。

僕はこの一年だと、福岡・広島・宮崎・神戸・下関・大阪と6公演目だと思います。全部が日帰り・・・楽しい時間でした。この30年間に50公演は参加したでしょうか?

今回ご一緒した大阪在住の美女3人組は幸いにも皆さん独身・・・僕は幸せモノです。彼女らは佐野元春コンサートへは初参加です。デビュー当時は受精前だった様で、僕の追っ掛け歴の方が長いという不謹慎な関係かもしれません。

まあ、別に妻を裏切った訳ではなく、妻を誘ったのに行かないというので、しょうがなく一緒に行ってくれるお友達を探しただけと云うのが真相です。間違っても危険な情事ではございませんことをまずは申し上げておきます。

新しいホール・・・イイですねェ

開演前に4人でコーヒー飲んで、開演直前のタイミングで座席に向かいました。そこは前から3列目でしたが、端でしたのでスピーカーのまん前、でも実質最前列で良い席でした。身体を震わせる大音響に身をゆだねる感覚は大好きです。

その座席のせいか、彼女らも大興奮の初体験だった様で、すっかり佐野元春オジサマの若々しくも完成された賢人の魅力に取りつかれた様です。

最近の僕のミッションは、美しき佐野元春ファンを一人でも多く増やしていくこと。そして彼女らが誰かの子供達に「むかし佐野元春さんのコンサートにある素敵な方とご一緒したのよ。ママのいい思い出だわ・・・」と語ってくれるのが喜びです。これ程の素晴らしい日本人ロックミュージシャンはいませんから・・・

僕はコンサートでは決してお約束のお手振りやクラッピングはいたしません。全員してても絶対に僕はしません。独自のスタイルで一緒に大声で唄うだけです。そして幸運にも最前列付近に座った時は後ろを振り返りアーチストと同じ方向を眺めて気持ちを共有するのです。これが昔「佐野元春のツアードクターになりたい」と夢を語った僕の流儀です。

遠方のコンサートでは一人で参加することも多いですが、ここ数回は3~4名の女性の皆さんとご一緒する機会が続きました。ファンクラブ優先席だと前から数列目の可能性が高いので佐野さんの表情がクッキリ判るので勉強になります。カッコイイ・・・というのが女性たちの第一印象の様ですが、僕も憧れます、あのカッコ良さには・・・

開始から2時間半を過ぎ、心地好い気だるさを感じ始めた頃にコンサートが終了して現実の世界、そして仕事場のある南の島へ向かうべく新幹線に乗り込むのですが、自宅のワンコ達は24時を回ってご帰還の僕を暖かく迎えてくれます。

次の日も夜の11時近くまで透析のお仕事ですが、ガンバリマス(がんばりました)