Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

熱中症の対策

久しぶりに医者らしい記事を書いたが、その対策も書かなきゃいけないだろう。
朝からワンコ達と散歩して少し汗かいたので、もう一汗と頑張るように、排気ガスを存分に吸い込みながら高架下のサイクリングをたのしんだ。
更にもう一汗を気持ち良くかこうと美しい妻に囁いてみたが、あっさり拒絶され、仕方ないので涼しさを求めて妻と共に映画館に向かう。
夫婦割で2,000円、せっかくなので、外も37度らしいので2本、合計4,000円で避暑地のアバンチュールをたのしんだ。
最近はフランス語の勉強中の妻に合わせてフランス語の映画ばかり観ているかもしれない。

一本目は妻のチョイスで【クロワッサンで朝食を】を観た。なかなかの映画だった。しかし、85歳のジャンヌモローには驚きだ。迫真の演技なのか自然体なのか、とにかく存在感が凄まじい。最近、アランドロンの映画で色香溢れる演技をたのしんだ直後だったので、エンドロールクレジットの名前を見た時は卒倒しそうだった。

 

気持ちは若いのだろうし、今もパートナーと愛の生活を生き生きと過ごしているのだろうと想像した自分が恥かしい。でも、多分、、、、

二本目は夫のチョイスで【タイピスト】を観た。期待を大きく裏切ってくれた。僕が産まれた頃のフランス社会、【アーチスト】の製作陣が傑作を観せてくれた【マイフェアレディー】のイライザを彷彿させるが、主演の女優のチャーミングさに参って、ついでに感動して、隣の妻に気づかれない様にこっそり何度も泣いてしまった。


今回は当たりだった、、、、
残暑お見舞い申し上げます。
猛暑の時は映画館がイーデスね。