Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

気が弱いので・・・

僕は非常に気が弱い恥ずかしがり屋の田舎者ですから、シリアをアメリカとフランスが攻めるのはやめて欲しいですね・・・

 

もうまるで11世紀の十字軍ですよ、イスラム教に支配されたシリア大地を蹂躙して、キリスト教流の始末をつけに米仏が軍事攻撃を仕掛けるのは・・・

 

前にも書きましたが、「アラブの春」なんていうイスラム原理主義への回帰の政治運動が、ユダヤキリスト教に支配された21世紀の現代において容認されるとは大いなる幻想ですから、もっと宗教戦争自体を批判するようにしないと、世界は永遠にイスラム対キリストの対立構造から平和への到達点は見いだせないでしょう。

資本主義自由社会と共産主義一党独裁社会の対立も同様ですが、こちらはイデオロギーの世界ですから、数百年もすれば落ちつくでしょうが、宗教対立は千年を超えても無理でしょう。特に一神教同士の神を巡る闘いには一切の妥協点が無いのですから・・・

周辺諸国では歴史教育を自国に都合のよい様に捏造し愛国教育に血眼になっている国が少しあるようですが、世界中には宗教教育で歴史も科学も勝手にネジ曲げて生涯教育する国々がひしめいています。

ニッポンは寛容ですね、何事にも・・・ 少なくとも1945年以降の現代社会の中では最も平和を現出させている社会ですね。1945年以降に自国民、他国民にも関わらず銃口を向け殺害してきた国家を信用しちゃいけませんね。

話が随分とずれました・・・

政治的な話を書く気はなかったのですが・・・

昨日今日の台風崩れと前線活動の雷雨と豪雨に、我が家のワンコ達はまるで戦争が始まったかのように怯えきっています。小さい方なんか、エサを食べなくなるほどブルブル震えて尻尾巻いて僕のベッドに潜り込んできました。

僕も彼女も気が弱い者同士、抱き合って眠りました・・・

皆さんの地域、被害は無かったですか?

この週末にくだらない十字軍戦争が勃発していないことを祈ります。