Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

No Damage : Film 1983

まずは東京オリンピック2020、まことに喜ばしくおもいます。中国や韓国の皆さんは今頃嫉妬の嵐で反日感情がますます大きくなるかもしれませんが、ニッポン再生への大きな転換点になることでしょう。ニッポン復活のためなら、税金を今の10倍、すなはち年間10億円くらい個人的に納税したいくらいです・・・

2013.9.8.未明の地球の裏側でのこの喜ばしい発表を、僕は京都の某ホテルのツインルームのベッドの中で、妻ではないし妻より随分と若い某様と一緒に知ることとなりました。妻には言ってません。若いって素晴らしいですね・・・

告白しますと、妻ではない方と旅の宿で一夜を同じ部屋で迎えたのは結婚して初めてかもしれません・・・ (あっ、違いました。1994年に某教授と同室で寝たことがありました。いまじゃありえないでしょうけど、研究会の際に伊勢志摩のホテルで男同士がなんと同じ部屋で・・・ キモチワルイですねェ)

オリンピックの件は後日また書くとして・・・・

 

翌朝の京都、(つまり今朝の事ですが)・・・ケッコウな大雨でした。昼食時間は幸運にも雨はやんでくれ、鴨川の川床料理を堪能出来ました。昨夜から今日にかけて色んな出来事があり、オリンピック決定とともに生涯覚えてそうな日になるかもしれません。

そんなこんなは後日また書くとして・・・・

今日の記事は・・・・【 No Damage 】 です。

8月14日の記事にも書きましたが、僕の神様である佐野元春様の映画(Film)が9月7日から2週間限定で全国の映画館で上映されています。初日の7日には用事で観ることはかなわず、旅先である京都で観賞しました。まあ大雨でもあったので、観光するより余程素敵な時間を持つ事が出来ました。

素晴らしかったです。もう若いって素晴らしいです。デビュー3年目の弾け飛ぶような才能と情熱とパワーに溢れた音楽青年の30年前の記録フィルム・・・音声も映像も素晴らしいクオリティーです。僕も若かったし、佐野さんを追っかけまわしていました。

でも、映画館はガラガラでした・・・ 少々悲しいです。でも予測はしてました。

この世の中、素晴らしいものが多くの人々に広く正当に評価されるとは限りません。宝物、ダイヤモンドはボーッとしてると見えません。でも誰かがキチンと評価して、出来れば経済的に応援してあげたいものです。

僕は映画【No Damage】のチケットを10枚購入して、知人に勝手に配ってます。僕のぶんは3枚・・・出来れば5回は観たいのですが、地元では夜の時間帯の上映がなく、日曜日にダブルヘッダーで観ようかと思っています。

10月には【BeatChild】の映画も上映されますが、こちらもチケット10枚購入しました。

少しでも元春様のために販売促進と広報に微力を尽くしたいと思います。どうぞ、皆様、映画館に足をお運びください。彼は日本の宝物ですから・・・