Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

匿名ブログの本音

【復興は不要・・という正論を言わない政治家は死ねばいいのに・・・】 と2年前に本音を書いた匿名ブロガーが実は霞が関のお役人で、最近どうも素性を暴かれ顔まで曝されて停職処分となったらしい。

つい先日、【リニアは不要・・】と書いた誰かさんの匿名ブログの中にも【復興より移動という選択肢もある・・】という趣旨の事が書かれていて、どうもその匿名ブロガーは素性が暴かれ炎上してしまうのを心配して夜も眠れず食事も進まず円形脱毛症となって、可哀想なことに心因性インポにもなったらしい。

その匿名ブロガーM医師は今になって、【美人の愛人が3人いる・・・】とか、【自分の様な名医は・・】とか、【個人で年間1億円も納税している・・】とか、【開業してなかったら教授になるハズだった・・】とか、【モテ過ぎて困っている・・】とか、【俺は木村拓哉よりハンサムだ・・】とか、繰り返し自身の自慢話をブログに書いてきたことを心配しているという。

確かに匿名ブログには本音が溢れているので言い方によっては有用な情報でもあるが、誰かさんのm3ブログの様に誇張や妄想や幻覚や、あるいは単なる願望とかで書きなぐられたものも混在しているので、テキトーに見過ごして欲しいと後悔と反省の日々を過ごしているという。可哀想な匿名ブロガーM医師である・・・

参考までに炎上し全国放送された【復興不要ブログ】を探してみたが読めなかった。削除されたのであろう。ただ、ダイジェスト版があったので少し読んでみたが、どうも【復興不要】という正論?よりも、【死にそこないのジジィババァは早く死ねばいいのに・・・】とか、【もともと田舎の過疎地域なんて・・・】といった、「年寄蔑視」 「田舎蔑視」の言葉の方が炎上の最大の理由のようだ。

僕自身は「津波被害が再度起こりうる場所の復興をするのは歴史を考えると好ましくなく、今後の東南海地震関東大震災の際に同様の復興計画を立てたら日本はもたないから今の様な復興計画には大きな疑問符がつく」との意見なので【復興は不要と言う正論】という言葉を切り取れば、「確かに・・・」と同意したくもなるが、ブログ全体を読めれば恐らくムカつくと思う。僕自身は霞が関官僚、とりわけ霞が関官僚として全国の善良なる医師たちを牛耳ろうとしている医師崩れ官僚どもに反吐が出るほど嫌いなので、炎上しても可哀想とは感じない。

特にこの官僚Gが東京出身で東京育ち、東大出て東京に暮らすという絵に描いた様な東京人なので、田舎者匿名ブロガーとして「バカモン」と一言怒りを表明しておきたい・・・

しかし、匿名ブロガーの素性がいとも簡単に特定され、顔写真まで曝し首の様に流されるとは・・・・ なんだか恐い時代だと思う。

仮に僕の正体をしてる人がいても、決してハンサムな僕の顔を曝し者にしないで欲しいと願っております。