Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

悩むところですなぁ

明日は久々に台風が接近しそうな予報なので、今日は一日中ずっと気持ちが上ずっていました・・・

透析はしない訳には行かないし、明日の火曜日にしないと、中2日の患者が中3日になってヤバいことになるかもしれず、かといって普通にやってて猛烈な風でスタッフも患者も当院から帰れない状況になったらどうするの??? ということで、思案のしどころですねぇ、久しぶりに・・・

で、本日の月曜午後から夜間にかけて、明日の火曜日予定の患者を急遽6名程呼び出しての前倒し臨時透析を行いました。これでその患者たちはひと安心ですが、残りの患者たちは明日の台風到来時刻を避けるように、通常よりも1時間以上早い時刻に来院してもらい透析開始し、通常なら行うことになっていた検査や昼食や送迎なども全部無しにすることで対応を予定しております。

介護施設の方も、今回開設後初となる台風の襲来です。こちらの問題は夜勤スタッフが仕事に来れるか、日勤スタッフが家に戻れるか・・・こちらは明日の天気を実際にみてからの対応となりますが、最悪は夜間の停電た断水、スタッフの欠勤でしょう。臨時休業出来ないのも困りますねぇ・・・

でも、一番の困った施設はデイサービスですね。こちらは暴風雨だと送迎が難しくなりますし、スタッフの勤務の問題もあります。主婦スタッフが多いのですが、既に小学校や幼稚園は休校を決定しており、そうなると母親である介護スタッフも出勤しにくくなるし、人員不足から介護事故が生じていくというドミノ倒し現象が待っています。台風の進路予想を明日の朝から夕方まで前日に予測して開くか開かないかを決定するのは容易ではありません。なにしろ、開かないと数十万円の収入が消えますし、家に居たくない、預けて仕事に行きたいという声に応えて無理に開いて送迎中に風に吹き飛ばされる事故が生じても・・・

ということで、最近少々軟弱に成り果てた僕としては、明日のデイサービスを過去10年で初となる休業と決定した次第です。スタッフの不安を無視し難いし、優しい経営者のせいでますます赤字へ傾きますが・・・・ 困ったものです。経営者は辛いですねぇ。お給料は払う訳ですから・・・

最期に外来をどうするかですが・・・

「院長センセ一人で残って、空気を読まないでやって来る患者のために命がけで頑張ってください。閉めちゃうと患者に恨まれますから・・・医者冥利に尽きるでしょう? ヨロシク」だそうです。ホントに困ったものですねぇ・・・

読んでくれてどうもありがとう