Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

まさか泳ぐとは・・・

今朝は遅めの朝食を頂いて、ホテルのチェックアウトまでの時間を利用し、ジムに行きました。

昨夜は26時半位まで眠たい目をこすりながら?ワインを飲んで楽しく夜が更けるまで女トモダチと昔話を楽しみました。僕自身が知らない僕の昔話を???という不思議な気持ちで聞くのも嬉し恥ずかしで、友達っていいもんだなぁと改めて感じました。

 

そのアルコールをスッカリ抜いてしまおう?と、素敵なホテルの素敵なジムに3人で行きましたが、まさか泳ぐことになるとは・・・ 前日まで予想もしていませんでした。一緒の女友達の一人が水着持参でしたので、「それなら俺も久しぶりに泳ごうかな?」となった訳ですが、もう一人の女友達まで「私に合う水着貸してくれるかなあ?」と言いながらも付きあって泳ぐことになりました。彼女は朝食を食べ終わってもマサカ泳ぐなんて想像もしていなかったと思いますので、今頃自分でも驚いているのでは?と想像します。

僕も痩せる前のメタボ体型なら泳ごうなんて思わなかったでしょうが、何となく女友達に裸をさらして泳ごうかな?という気持ちになれたのもダイエット効果の一つかと思います。チョット、痩せてヨカったなぁと正直今日は思いました。

それにしても、あと30分でもあればなぁ・・と思って、チェックアウト時間を気にしてプールを後にしましたが、マイ水着持参の女友達は「チェックアウト時間なんて30分位遅れても全然問題ないわよ・・」とかなんとか言って、ユッタリ楽しんだようですが、実際に30分もチェックアウト時刻に遅れた時は、さすがに教授になる女性は堂々としてるなぁ・・・と尊敬の気持ちまで湧きました。確かに彼女の言う様に延長料金は不要でしたが、「それならもう少し泳ぎたかったなぁ」と待たされた2人が感じてたことは彼女は知らないでしょうねぇ(笑)

彼女らの水着姿を見るなんて、もう30年前の大学の体育の授業の時以来でしょう・・・

「時の流れも感じた・・・」とか言うと、「友達関係解消するわよ・・」とか絶対言われそうで、「あの頃のママだった」ということにしておきます。

読んでくれてどうもありがとう