Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

特定秘密保護法

特定秘密保護法」というのが正式名称なんでしょうか? 「特定機密漏洩防止法案」、すなはち「スパイ防止法案」が成立した様です。

国会周辺の過激派デモは深夜まで続いていたようですが、マスコミ関係者の皆さんも反対意見が大多数だった様ですね。

僕自身は政治的な発言は最近控えていて、中国批判以降急激にアクセス数が伸びている状況での政治的発言は出来るだけ避けたいのですが、重要法案成立は日記に書き残す方が日記らしいので単なる感想でも書いとこと思います・・・

まず、基本的に「スパイ防止法」の必要性は認めます。だから、この手の法案が成立した背景を考えると「良かったんじゃない?」というごく普通の日本人の意見に賛成です。

やはり、最近の反日が国是の様な国や歴史的復讐に燃える赤い帝国主義国家のような周辺諸国が恐ろしい程の情熱で「日本憎し、日本から領土を奪え」と意気込んでいる姿を見ますと、「日本と日本人を守って下さい」と普通の日本人なら願うことでしょう。

ただ一つだけ懸念しております・・・

「もしも、もしも再び政権交代が起こって、売国的な政党が政権与党になってしまったら、この法案は一気に逆の作用をしてしまうだろう・・」

あの鳩山とか菅直人とか仙谷とかが・・・もしも総理大臣になったら・・・

普通の日本人が最も恐れる事態になることでしょう。

   全ては中国様のために・・・

   全ては韓国様のために・・・

   全ては北朝鮮様のために・・・

これらの国々に不都合な政治的行為、外交、防衛、テロ情報などの秘密は全て封印され、ヤツらがやってたような中国向け政治活動の秘密が全く国民に知らされない事態になって、いつの間にか日本は中国のモノになってしまう危険性をこの法案は両刃の刃として内在している様な気がします。

   菅直人北朝鮮を支援しても「秘密ですから」

   仙谷が韓国と裏取引しても「秘密ですから」

   鳩山が中国に日本を売っても「秘密ですから」

という具合に、トップがスパイ活動してしまえば格好の「売国推進法案」に変身してしまう「大どんでん返し」法案になることでしょう、誰も指摘しませんが・・・

   恐いですね・・・

   恐ろしいですね・・・

   嫌ですね・・・

やっぱり恐い法律にちがいませんが、「日本が現在の中国の様な国に成ることを進めてしまう様な思想の持ち主の嫌がる法案なのできっと良い法案なのでしょう・・」という最近の普通の日本人の感覚はきっと正しいのでしょう。

と言うことで、しかたなく反対しない・・・ということになりますが、これだけ急いで成立させたい最大の理由は、「TPPの裏事情」を秘密にしたいから、だと僕は推測しております。あっ、ヤバ・・・これ特定秘密でした・・・

「TPPは日本社会を崩壊させる」のは間違いない仕組みですから、その意味では今回の特定秘密法案には普通の日本人は反対すべきなのですが、日本人らしくない日本人が増えてきているというヤヤコシイ日本社会なので賛否は難しい判断ですね、実のところ・・・

コレ以上書くと、スパイと勘違いされそうで止めときます。

読んでくれてどうもありがとう