Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

三種の神器

三種の神器が20年振りに伊勢神宮で揃うという・・・

 

天皇皇后両陛下は25日に伊勢神宮に向かわれる際に、皇居から勾玉と剣を携えて行かれた様だ。なんと皇居を神器が出るのは20年振りとのこと・・・、ようするに伊勢神宮にしか神器は運び出されることはない、ということなのだろう。

 

その三種の神器・・・、伊勢神宮の内宮ご正殿に祀られる鏡は「ヤタノカガミ」と呼ばれるが、今上天皇も実物をご覧になったことはないと某関係者にうかがった。昭和天皇はご覧になったとか。

皇居にある剣は本来の神器ではなく、実物は名古屋の熱田神宮に祀られているとされるが、歴史では壇ノ浦に沈んだままとされるので、何を信じたらいいのか少し疑問だ。

しかし、そんな事は大きな問題ではないと僕は思う。今のままでイイじゃないか・・と。それよりも、三種の神器を携えて20年に一度天皇皇后両陛下が伊勢神宮に詣でられることこそが重要で、箱の中身は観てはならぬものかと心得ている。

それにしても、ちょうど同じ日に長野県志賀高原のスキーリゾートを貸し切って遊んでる某ご家族のお元気そうなこと。静養し過ぎでまたお疲れにならないか心配なのだが、後継ぎとされる夫は2008年以来伊勢には向かわれないらしく、奥様の方も結婚した時以来ずっと神宮へ行く元気も無く遊びに熱中遊ばされているらしく、一人娘に至っては「何それ?」の世界らしい。まあ親が親だけに・・・、とにかく困ったご家族だ。皇室をなんと思っているのか? そんなに嫌で遊んでいたければ皇室を離れれば良いのに・・・

それにしても東宮の医師団という医師は馬鹿じゃなかろうか? 間抜けな医者だと思う。無能の医者と言えるだろうし、医師団を解散し辞退すればいいのではなかろうか? 誰なんだろうか、このアホ医者は???

 

まあ、次の天皇が誰になり、皇太子が誰になるかによって日本の姿は大きく変わるだろう。もし@@が皇后になれば、日本の良き伝統も本当に終わりかもしれない・・・

スキー三昧をして遊び呆けている公務しない人のために高額納税するなんて・・・・