Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

GWの旅 ③

GW最終日を目前に、明日の午後は仕事を終えてどこの100kmルートを走ろうかと思い悩みながら5日の夜は夜間透析業務をしています。出来れば一度も走ったことのない道を混ぜて「旅」になればと思っています。

さて、前回の続きです・・・

短いフェリーの旅を終え、長崎県島原半島島原城を横目で眺めながら雲仙天草国立公園の標高1080m仁田峠を超えて豪快に半島西側の小浜温泉に降りてきました。車でデートとかで何度も走ったことのある道でしたが、自転車での走破は初めてで感動しました。空は快晴、向かい風も下りでは心地よいだけです。

 

この後の予定では車ですら一度も走ったことのない島原半島の西海岸から南の口之津港を回って東海岸のフェリー港へと半周回するコースを思い描いていましたが、少し時間的に余裕が有りそうだったので、それほど空腹ではなかったのですが、小浜海岸の美味しそうな看板・幟に魅かれて名物「夕焼け蟹」の蒸し焼きを食べることになりました。

有明海には有名な竹崎蟹というのがありサイクリング中によく立ち寄って食べるのを楽しみにしてますが、ここのは目の前で生きてる蟹(わたりがに)を温泉蒸気で蒸しあげてくれます。

 

竹崎より安く、2500円でそこそこに大き目、竹崎だったら3500円位しそうな立派なメスの蟹で、海を眺め待つこと15分ながら卵が沢山詰まって顎が外れそうなくらい美味しかったです。

先を急がないのであれば雲仙でも小浜でも温泉で体を休めてのんびりしたかったのですが、まだまだ70km位走らないといけませんので次回?のお楽しみに・・・

小浜から南への半島周回コースは小さなアップダウンと緩やかなカーブと、落石除けの半トンネルが連続する面白い道でした。幸い風は斜め後ろから吹いてくれ、巡航速度は30km/hを超えて快走できました。磯の香りがずっと離れず、20歳の時に走った北海道えりも岬への黄金海岸の道に似ていて感慨深い思いでした。

一度も走った経験のない道っていいですね。あのカーブを曲がると、あの峠を越えるとどんな景色が、どんな風が自分を待っているのか・・・

そんなことを想像しながら全身をエンジンにして目的地に向かうのは気持ちいいものです。でも、そんな時もヤッパリ携帯電話で「診察依頼」のコールが舞い込んできますが、事情を話して「ゴメンナサイ」です・・・御免なさい、遊んでます。

帰りのフェリー時刻は知ってましたので、18:10  18:50  19:30 のどれかに乗りたいと思ってましたが、風のお蔭で予定よりずいぶんと早く、17:55に港に到着しました。雲が現れ少し暗くなった港からは先ほど登った雲仙が見えます。同時刻に到着した自動車の皆さんは混雑のため19:30発の便に乗ることになったようで、たった1台しかいない自転車は18:10発に乗れて幸運でした。

夕食はたくさん炭水化物(長崎ちゃんぽんの大盛りと餃子)を食べちゃったので、少し体重が増えました。やっぱり運動だけじゃ痩せられません。距離125km, 標高1080m 走ったんですけどね・・・

ということで楽しいGWです・・・

明日の午後2時発の旅はどこへ向かうのでしょうか? 随分と自転車が汚れてしまいましたので誰も来ない外来診察室で明日へ備えてお掃除中です。