読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

㊙熱中症対策

患者さんの熱中症は毎日のように診ますし、今は全員に「熱中症に気をつけてね」と呪文のように声掛けして診察室から見送るのですが、自分の熱中症対策は・・・ 杜撰ですねえ

昨年は7月は自転車になぜか一度も乗りませんでしたが、8月には「暑い暑い」と言いながらも乗ってましたし、乗ると必ず300~500m位の山へ向かって坂道を炎天下にも登ってしまうのですが、今年は7月も雨が降らず用事もなく時間さえあれば走ってます。

といっても結局7月は3回だけでした。今日も34度位の炎天下でしたが午後2時の診療終了時刻を待ってパッと走ってきました。今日は風があって気持ちよかったですが、横風と向かい風は困ったものです。

一応、走行距離100km、獲得標高700mで、水分は約2,000mlほど飲みました。足が攣りそうな気配は幸いなかったです。顔に塗った日焼け止めクリームが汗で目に入るのが困ったものです。

f:id:murasawatakehiko:20150922111326j:plain

 

さて、夜の熱中症対策の決めては・・・フリチンですね(笑)

シャツに関してはメッシュの下着を着けてます。これは風邪対策に必須です。上下全裸では風邪ひきますから。メッシュというのが大切です。

しかし、下半身に関してはフリチンは妙に気持ちいいです。男女問わず蒸れませんし、冷却効果抜群です。開放感があります。ちょっと大きすぎるからパンツ履くと圧迫感があるんですね(笑)・・・嘘です。

そんなチンチン丸出しの姿で、タオルケットなど一切の寝具は掛けず、窓を開け放って寝ます・・・ 二階なので一応この立派な一物は見れないです。

この下半身むき出しスタイルは夜間の熱中症対策に効果抜群ですが、テレビでは決して教えてくれません。M医師の秘儀とご理解下さい。また、どこかで他人に説明する際は、医学博士M医師考案と一応コメント入れといてください。

あと、もし横に魅力的な、僕の妻の様なパートナーが同じ格好で寝てますと、ムラムラとして汗一杯かく羽目になりますのでご注意あそばせ・・・

では早速今夜から実践を・・・