読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

スイカ外交

日韓、日中だけではなく、様々な国際関係が危機に瀕している今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? ご無沙汰しておりました。

広島市の豪雨と土石流被害、大変でしたねぇ。でも、不謹慎ながら、あのような場所の住宅地開発は許可してはならんと思うんです、僕は。出来ちゃえば購入したい人はいるんでしょうが、販売して儲かればいいという考え方は変えていかないと・・・

さて、外交問題に話を戻しましょう。

我が家には90歳近い高齢の父親がおりまして、カラス被害と格闘しながら畑作業に精を出しています。初夏にはグリーンピース、夏にはトウモロコシ、そして今はスイカをセッセと収穫しています。今年は出来が良かったようで、父親の表情は明るいようです。

毎日毎日スイカを収穫しては職員を捕まえ、親戚を電話で呼び出し、知人宅に宅配し、歩いてる人を呼び止めては畑から直送のスイカをプレゼントしています。

商売下手な息子(僕のことですが)に代わって、職員には頑張ってねと、知人には息子を見守ってやってと、親戚にはいざというときは頼んだぞと、歩いてる人には受診してやって?と、言わず語らず様々な思いを胸に「スイカ外交」をやってくれているんだそうです。

どこまでの効果があるのかわかりませんが、ドンくさい息子に代わって「たのんまっせ・・」と頑張ってくれている父親には内心感謝しています。

今日も患者さんの一人が、「先生のお父さんからスイカをもらいました・・」と言われたので思い出しました。自分自身で忘れないように書き残しておきます。もうすぐ父親も90歳ですから、いつまでも「スイカ外交」も出来ないでしょうが、感謝しながら一緒に暮らせる時間を大切にしていこうと思っております。

読んでくれてどうもありがとう