Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

日野原先生

もうすぐ103歳になられる日野原重明先生の話を聞くために昨日は花の東京へと飛行機に乗って出かけて行った。ピーク時期の航空券正規料金と豪華ホテルの宿泊・・・ しめて10万円は軽く超え、下手すると総額で15万円程の出費だったが、僕の財布は痛まなかった。

ただ、豪華ホテルのキングサイズベッドは寂しくてしょうがない・・・ 出来れば添い寝してくれる愛人を呼ぼうとしたのだが、日頃のお手当てが足りなかったのか、誰も来てくれずに寂しい東京の夜を明かしてしまった(冗談ですから・・・)。

ホントは朝起きして周辺を皇居付近までジュギングでもしようと前日にシューズやウエア一式準備していたのだが、出発直前に患者さんが多くてバタバタして忘れて診療所を離れてしまったのが痛かった。

f:id:murasawatakehiko:20150922103001j:plain

 

日野原先生の講演テーマは「プライマリーケア」について・・・

先生のプライマリーケア論に憧れて大学選びをしたくらいだから、30年以上前の学生時代に何度か聴いた先生の話を想い出して少々感傷的になりウルッと来てしまった。

f:id:murasawatakehiko:20150922103015j:plain

あの頃の先生の示してくれた医師像に今の俺はどれくらい近づけたのだろうか?

そしてこれから、先生の姿にどれだけ近づくことが出来るのだろうか?

子供たちにも共感してもらえるのだろうか?

そもそも俺は医師になってよかったのだろうか?

・・・・などなど、様々な今までの30数年の想いがグルグルと頭の中で廻った時間を過ごした。

 

f:id:murasawatakehiko:20150922103026j:plain

それにしても、立ったまま明晰な話をされる日野原先生のその超人的なお元気さは凄すぎると思う。

【プライマリーケア】

学生時代に最も魅かれた言葉だったのだが、今回実に久しぶりに先生の生の声を聴けて素敵な時間を過ごすことが出来た。

f:id:murasawatakehiko:20150922103037j:plain

そういえば、日野原先生のお弟子さんの聖路加からのM先生・・・

久しぶりにランチした女友達から名前を聞いたが、あの先生も僕に「プライマリーケア」を指導してくれたいい先生だったと思う。

きっと先生は僕の心の中の恩師なんだろうと感じた有意義な一日だった。

先生、いつまでもお元気で・・・