読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

Blog が終わっても続いていく

開業 / 病院経営

僕の最終Blog まで後10日ほどになった。

少し忙しいので、これから書き残せない想いも少なくないかと思う。ちょっと寂しい気持ちだけど、やむを得ない事情だから仕方ない。

Blog が終わっても、僕の佐野さんとの旅は終わらない。佐野さんが音楽活動、そして全ての表現を止めるまで続いていくと確信している。永遠に師なのだと勝手に思っている。

 

今日、大阪公演のチケットが送られてきた。10月25日の土曜日、僕は一人で参加する。翌日は某所で学会発表しなきゃいけないので、スーツとPC持参の大そうな旅となるかもしれない。靴もシャツもどうしよう・・・?

続く11月のライブの予定は4回・・・ チョット多すぎかと反省している。もしかすると2枚ほど無駄にするかもしれないが、売上貢献が第2の目的だから参加できず音楽に酔えなくてもそれは結構。誰かほしい人がいたら言って・・・

僕のBlog、最初の記事には佐野さんの写真を載せさせていただいた。あれから8年・・・、今の佐野さんの写真を見れば8年の年月が確かに感じられる。そして年輪はまた価値なのだと思う。僕の姿もそうありたいが、自分ではよくわからない。

Blog を書くことはとっても好きで、自分の性格にもよくあっていたから、終わりを迎えた後はキットしばらく寂しく感じることだろう。でも、色んな生活、色んな仕事、色んな社会的役割などでこれからの日々も退屈することなどはなかろう。

これから8年先に僕はどんな生活をしているのだろう? どんな医師として仕事をしているのだろう? 診療所も今のままあるのだろうか? 両親も元気じゃない可能性が高いし、子供たちも働いたり結婚したりしているかもしれない。

8年もすれば、開業から運命を共にしてくれているスタッフの多くが定年に近づいている頃で、こんな小さな診療所の将来も決して安定などはしていないことだろう。時代に取り残された医療にできるだけなりたくはないものだ。

今までの8年間の個人の歴史ともいえそうなBlog を読み返すことは自分としては楽しい時間だ。2000余りの記事の一つ一つに本音を書き込んできたが、今もって家族には内緒にしているので、Blog の存在が永遠に消え去る前に何とか家族の眼にいずれ触れるような形にのこせたらいいなァと願いながら今日もまた今の想いを書き残そうとしている。

きっと僕はBlog が大好きなんだろう・・・ ナルシスト全開???

ずっと読んできてくれてどうもありがとう