読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

久々の大笑い

今日の学会発表は無難に終了、夜は妻と娘と馴染みのイタリアンレストランに出かけました。昨夜のコンサートの件や学会の話、僕の服装の件や11月に予定している講演会での発表後の接待お鮨屋さんのことなど楽しい会話で食事もいっそう美味しく感じられました。ただ、僕がライブツアーで色々と出かけることを「好きなことが自由にできて奥さん子供に文句も言われずに幸せでしょ?」と皮肉られてしまいましたが・・・

レストランを後にして駐車場に停めた車に乗り込みますと、何か変な感じです。最初に僕が気づきましたが、すぐ後に娘も気が付きました。何か匂うのです・・・ 何かヤバい匂いです。

さっきまでの美味しい夕食を一気に忘れてしまうほどの強烈な匂いで、ワンコの💩の匂いだと思うのですが、でもなぜ???って不思議です。

ワインでチョット嗅覚が鈍ったのか、妻は「もしかしてチーズかしら? お昼に沢山試食させてもらったから。バッグに入れたのよね、その匂いだわキッと・・」と言うのですが、娘も僕も「チーズかいな? どうも違うような、ワンコの💩だよこれ。絶対💩だよ」と確信が芽生えます。娘からも「ママ、早く靴の裏を見てみて」と言われながらも「お昼のチーズだわ」と怖いものに目をつぶる心境からでしょうか、妻は決して靴の底を見ようとしません。でも匂いは窓を全開にしても襲い掛かってきます。

ほどなく家に着き、観念した妻は勇気を振り絞って靴の底を見ました。そして底に例の💩を発見してしまったのです。あまりのショックで気を失いそうな妻が泣きそうになりながら靴をきれいに拭き上げていました。僕と娘は「ほらね、だから早く見てよって言ったのに。でも、これでママには運が付いたので良かったよ、立派に運がついたから」と慰めながら、一件落着・・・と皆で笑いました。

「でもどこでふんじゃったのかなあ? 駐車場まで10mほどだよ」と思い出しながらも、僕は用事があってもう一度別の車に乗って出かけました。

でも変なんですね・・・やっぱり例の匂いがするんです。残り香とかいうものでなく、しっかりと💩を感じるほどの匂いなんです。僕は怖くなりました。家からわずか30mほどのところで車を停め車内灯をつけて恐る恐る靴の底を見てみました。

あまり何もないんです。でもシッカリと匂うんです。そこで、靴を脱いでじっくりと眺めてみました・・・ ギャーッです。ナナなんと、底じゃなくて靴の横の淵の部分に結構ベットリと着いているのを発見してしまいました。

僕はもうそのまま車に乗り込む勇気はなく、自宅まで歩いて戻って妻と娘に報告しました。

もう一同大笑い・・・ 久しぶりに心の底から笑いあいました。三人ともこんなに笑ったのはホントに久しぶりで、逆に嬉しい災難でした。

娘からは「ラブラブだね・・・」と笑われ、妻からは「なによ、助手席側から匂うって言って」と反撃されるも、思い出深い楽しい夜となりました。一度に2人に運が付くなんでそうそう無いことだと思います。

これから先、来年はキット素晴らしいことがありそうな予感がします(笑)

読んでくれてどうもありがとう