読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

瀬戸内の旅①

滅多に行動予告記事など過去のBlog には書いたことはなかったが、先日書いたように土日を利用して広島と岡山に行ってきた。ほぼ完ぺきな旅が出来たが、天気だけは日頃の行いが悪いのであろう、初めての尾道しまなみ海道は雨だった。それでも、雨中の100kmサイクリングを含め、満足している。

土曜の診療を午後2時に終え、スタッフに戸締りをお願いして急いで新幹線に乗り込んだ。目指すは広島・・・この秋のツアーで訪れる2つ目の街だ。パルコの10階にあるライブハウスのステージから3列目で開演を待った。一人で出かけて30分も立って待つのもつらいのだが、幸い横には一人で参加していたドイツ在住の美しい女性、外資系航空会社のCAさんで、それなりに歳を重ねてはあるものの美しい方と隣同士になって話してると退屈する暇はなかった。

大阪フェスティバルホールでのライブとは違って立錐の余地もないライブハウスでは隣の人と身体が触れ合うほどだが、むさ苦しいオヤジやオバサンでなくて素敵な時間が過ごせた。

f:id:murasawatakehiko:20141111232403j:plain

普通なら?ライブが終わって「お食事でも?」となりそうな期待もあるだろうが、僕はそのまま尾道に向かうことになっていて、「またどこかの街のライブでお会いしましょう・・」と、行儀よく広島を後にした。まあ、ここで愛する妻を裏切る訳にはいかないし・・・。

尾道はずっと昔から気になっていて、いつかは行きたいと思っていた街だった。前に書いたが、小津監督の「東京物語」の風情・景色が僕の印象。勿論、大林監督の世界も大好きだ。ホントは在来線で昼の尾道に入りたかったが、時間がなくて夜に新幹線で訪れた。食べたいものは尾道ラーメンと尾道焼き(お好み焼き)、先に背脂が浮かんだ中華そば(尾道ラーメン)を食べてみた。

f:id:murasawatakehiko:20141111002739j:plain f:id:murasawatakehiko:20141111002816j:plain

なんか昔懐かしい感じの味で、夜中だというのに替え玉までしちゃって結構気に入った。タクシー運転手さんの一押しは夜は売り切れで早々と閉まったらしく、また次の機会に・・となった。

f:id:murasawatakehiko:20141111232530j:plain

今回初めて訪れた尾道は僕をサイクリストの街として暖かく迎え入れてくれた。

f:id:murasawatakehiko:20141111232851j:plain

街中には至るところに自転車のモニュメントや案内表示があり、立ち寄ったコンビニにも楽しく暖かな表示が出迎えてくれ、明日への期待が膨らんだ。

f:id:murasawatakehiko:20141111003042j:plain

尾道の宿泊先はその名も HOTEL CYCLE という名のサイクリスト向けのオシャレなところ。海に沿った場所に建っていた古い倉庫を改装して今年の春にオープンしたHOTELはとっても気に入った。

f:id:murasawatakehiko:20141111233402j:plain

間接照明のうす暗い部屋で、バスルームとの仕切りは透明ガラスで少しばかりラブホっぽいデザイナーズ・ホテルで男一人ではムズムズしそうな夜となったが、トータルでは満点に近いサイクリストの拠点となりうる場所だ。滅多にアルコールを飲まない僕がBarにて夜の時間を静かに過ごしたなんて・・・なかなか無かったことだ。女性のサイクリストと一緒に泊まったらもっと楽しい夜になるんだろうなぁ・・・(こんな妄想したら妻に怒られそう)

②に続く・・・

読んでくれてどうもありがとう