読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

瀬戸内の旅②

サイクリング 佐野元春のこと

尾道での初めての朝が明けた。向かい側の向島との海峡(水道)の景色が尾道へ来た実感を抱かせてくれたが、雨に煙る風景は「せっかく来たのに・・」と、ある程度覚悟して寒さ対策・雨対策をしていたものの、「こんな天気にもの好きだなぁ」と我ながら感じたものだ。

f:id:murasawatakehiko:20141112001716j:plain

しかし、宿泊したHOTEL CYCLE の朝食のうまいことうまいこと・・・。昼は食べてる暇もなさそうな計画だっただけに期待以上の嬉しさだった。しかし、周りの客を見渡しても全然サイクリストは宿泊してなさそうな・・・。そうだよね、結構な雨だもんね。まあ、いいか。

f:id:murasawatakehiko:20141112001753j:plain

f:id:murasawatakehiko:20141112001824j:plain

そのホテルと同じ建物にはチャンとした自転車屋さんがあって、そこいらのレンタル自転車とは一線を画する高級カーボンバイクが予約できた。当然、普通のレンタルの10倍ほどの値段するが、5時間ほどの自由時間に楽に100km走行するには有難いことだった。

f:id:murasawatakehiko:20141112002001j:plain

それにしても雨であっても素晴らしい「しまなみ海道」のサイクリングコース。晴れてたらすごいだろうなぁ。

f:id:murasawatakehiko:20141112002141j:plain

気温14℃で5時間も雨に濡れて走り続けるなんて相当な阿呆だが、実に満足の時間を過ごせた。なにしろ、雨なので他のサイクリストが邪魔にならず実にスイスイと走りやすかった(笑)。

f:id:murasawatakehiko:20141112002038j:plain

小さなフェリーに110円払って乗船して水道を渡るのはいいね。切符もないし手渡しで、なんかイイ・・・ おいちゃんに、「今日は雨で大変だったねぇ」と声かけてもらって、サイクリストにやさしい街だとすぐわかった。

f:id:murasawatakehiko:20141112002248j:plain

レンタルできる自転車さんが朝9時からで、夕方4時半には岡山駅に到着してる必要があったから、尾道駅には3時半には着きたかったし、濡れた服を着替えて尾道焼き(お好み焼き)を食べるためには2時半までには自転車を返却したかったし・・・、という分単位のスケジュール(笑)で5時間100kmのサイクリングを楽しんだ。当然パンクしたら全てが狂いだすので、「パンクしませんように・・」と祈りながら走った。

f:id:murasawatakehiko:20141112002402j:plain

雨に打たれての100km走行で冷えて汚れた身体を5分100円のシャワーで洗い落とし、ズッシリと重たくなった衣服をバックに詰めた。

f:id:murasawatakehiko:20141112002507j:plain f:id:murasawatakehiko:20141112002531j:plain

念願の尾道焼きを食べて、尾道駅からJR在来線で福山へと向かった。車中から眺める尾道水道の景色はどこか懐かしく、「来てよかったなぁ」と大島大橋までの往復の道のりを思い返した。

f:id:murasawatakehiko:20141112002633j:plain

最後の来島三連大橋を渡らずして「しまなみ海道」を語る資格はなさそうだが、高所恐怖症のの僕には海上50mの因島大橋すら怖かったのに、海上70mの来島大橋は恐怖かもしれない(笑)。でも次来るときは晴れてる時に女性のサイクリストと一緒に走れば怖くないだろう・・・

f:id:murasawatakehiko:20141112002705j:plain

そんなこんなで5時の開演ギリギリで間に合った。整理番号順なら前から3列目くらいだったが、今日はまあイイ。最後部から静かにライブを見守った。この秋のツアー3都市目、岡山は僕にとって初めての街であったが、ライブハウス往復だけの滞在で翌日の仕事に備えて新幹線に飛び乗った。

f:id:murasawatakehiko:20141112002737j:plain f:id:murasawatakehiko:20141112003843j:plain

土曜の午後2時半から日曜夜10時半までの32時間の小さな旅だったが、実に充実した瀬戸内の旅となった。素敵な街、尾道には是非また行きたい・・・

読んでくれてどうもありがとう