Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

総選挙できる幸せ

師走の忙しい時に総選挙なんぞしてる場合か? と民主党や元民主の議員さん達が言われていますが、2年前の総選挙はいつでしたっけ?

・・・と、当Blog で初めての政治関連記事を書いております。前のBlog では少々過激な政治記事を書いては削除・・・という具合でしたので、今度は削除されない程度の自主規制で大人しい記事でお茶を濁しておきますね(笑)。

さて、表題にありますように、解散の大義がないと言われますが、まあ消費税問題もありますから大義といえば大義でしょうね、一応。

まあ、僕自身は【野党をぶっ潰せ解散】を安倍が仕掛けたと考えてますし、もしかすると本音では【大蔵族をぶっ潰せ解散】かもしれないと、少々郵政選挙に近い景色にも見えます。ホントは豪快に【減税しまっせ解散】をしてくれれば安倍は神様になって憲政に名を残すと思いますし、改憲もスムーズにいきそうだっただけに残念といえば残念です、個人的には・・・。

f:id:murasawatakehiko:20141121201233j:plain

まあまあ、なんといっても「総選挙を出来る」って考えてみれば幸福なことです。税金を一円も払ってなくても選挙権がありますし、納税額が僕みたいに1億円を軽く超えていても平等に1票なんて、なんて素敵な国なんでしょう、ニッポンは。

f:id:murasawatakehiko:20141121201257j:plain

お隣の巨大な発展途上国を御覧なさい。選挙権なんて死んでももらえないし、くれと主張すると逮捕されますし、可哀想に香港なんて嘘っぱちの「普通選挙」で人権を無視されてても泣く泣く従うしかないんですよ。日本をそんな国には絶対出来ないし、そんな国の世界侵略を見過ごすこともできませんね。だから、そんな狂った超大国のご機嫌取りみたいな政策の前政権のアンポンタン達や同じ政党名の赤い連中には何が何でも票を投じることはできないでしょう。もし今後左寄りに政権が変わったらスキを突かれて今度こそ隣の超大国が尖閣に続き琉球と九州、ついでに小笠原を占領してしまうことでしょう。ついでに選挙権もなくなるでしょう。

ニッポンは総選挙出来て幸せですね、つくづくそう感じます。

読んでくれてどうもありがとう