読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

面接、即採用・・・、即スタート

今週?土曜日までの週はとっても忙しかったです。まだまだインフルエンザは流行中、なんとか念力で跳ね除けております。

職員採用の折込広告を出しておりましたが、その忙しい合間を縫って金曜夜に看護師さんを・・・、土曜の午後に介護福祉士さんをそれぞれ面接し、即採用となりました。この介護人手不足の中、今回の広告は少々効果があったようで募集数の数倍の応募が来ていますが、早く応募してくれた人に少しアドバンデージを・・・と、即採用となった次第です。もう一人近く面接し採用予定ですが、医師としてではなく経営者として少し気分が楽になりました。

土曜日は面接予定時刻にまだ午前外来が終わってなくて、少し待たせましたが、繁盛している診療所と勘違いしてくれたかもしれません。透析室の回診も出来ず、昼食もとらずに診療終了直後に面接しました。

 

そして気分よく即スタートです。少々寒いんですが、LONDON直輸入の高級サイクリングウエア、RAPHAの冬物セール品(笑)が土曜の昼前に届いたので初めて足と袖を通して、スタッフに「センセ、赤とか黄色とか、けっこう派手ですね・・」と呆れられながらも、「交通安全のため目立つように派手にしてまんねん。僕が事故死したらあんた等も困るやおまへんか?」との弁解に「そうでしたね、いってらっしゃ~い」と送り出されてのサイクリングは快適でしたね。なにしろ採用決定後なので気分がよろし(笑)。

f:id:murasawatakehiko:20150111210500j:plain

結局、日没時刻を計算して、山の中を切りよく標高200mの門松ポイントで引き換えし、走行距離80kmにて診療所に戻りましたが、事務のスタッフはまだレセプト最終作業中でした、感謝ですね。

結構厚手の冬用グローブをはめて走ってますが、夕方は3℃ほどで、戻った時には車のキーが満足に押せないほど手がかじかんでましたし、足も感覚があんまり・・・でした。アソコも強烈に縮んでしまって、可愛い赤ちゃん並でしたね(泣)

読んでくれてどうもありがとう