Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

内戦の地に潜入

内戦の地に潜入するということは「自己責任」といいながらも、今や KENJI GOTO JOGO の行動は世界を揺るがす大問題になっているようです。いまのところ、残念ながら ISIS の一人勝ちの様相です。

仮にですが、ヨルダン政府に対しISISがヨルダン人パイロットの生存証明した後に日本人捕虜がヨルダン政府の尽力で女性死刑囚と交換してトルコ国境で解放され帰国したのち・・・

ISISは「ヨルダン人パイロットを解放したけりゃ200億円払いなさい、払えなけりゃ日本政府に払ってもらいなさい」とか、あるいは、「パイロットを解放したけりゃ安倍総理に退陣してもらいなさい」とか言い出しそうで、そうなったらヨルダン国民は「安倍ちゃん辞任してよ」とか「安倍ちゃん200億円払ってちょうだいよ」とか言うのが自然な流れでしょうねぇ。つられて TARO Y の仲間たちの皆さんは「恩義あるヨルダンを助けるために今度は安倍ちゃん辞任してくれ」と 言い出しそうで何となく怖いですね。

ジャック バウアーに24時間以内に解決してもらいたかったところですねぇ・・・

f:id:murasawatakehiko:20150131010632j:plain

さて、1990年8月26日のルーマニア・・・ブカレスト市内の裏道で出くわした戦車の前での記念写真ですね。25年近く前の若き日の村澤武彦さんです。彼女もいない?独身でしたからチャウシェスク大統領が銃殺された直後の内戦下のブカレストに興味本位で「行ってみたかった」想い出は昔 Blog に書いたことがありました・・・暇なら探してください。この顔出し?写真は初登場ですが、さすがに妻子が居たら内戦中の国には入りませんよ。結果的に戦車というか、流行中のコレラが怖くて丸一日で逃げ出した時に国境検問所で列車から強制的におろされ怖い目にあったことも書きましたが、KENJI さんは出産予定日を目前にイスラム国への潜入を試みるとは??? 理解できませんね。

でも1990年当時のルーマニアの兵隊さんはニコニコしながら独裁者を始末して日本人観光客と写真に納まってくれてましたが、ネットもなく携帯電話もなく、地球上の誰ひとり村澤さんがどこの家に引き入れられたか知らないということは今考えると無謀でしたね。

医師になって5年目くらい・・・ 古き良き思い出の1枚でした。

今回の人質事件で想い出して30歳に戻りました。

読んでくれてどうもありがとう

(後記:注)

この記事は今回の不幸なテロ行為の映像が出る前に書きました。テロは決して許せません。ご冥福をお祈りします。