読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

晴れたので脊振山系を気の向くまま・・・

明日は強烈に冷え込んで雪が舞い散りそうな脊振山系も今日は雨・・・ しかし、昨日はこれ以上ないというほどの快晴で日差しは暖かく、気の向くままに流離ってきました。

脊振山系は最近お気に入りのブログで邪馬台国と関連付けて多くの記載がなされており楽しみながら読んでおります。というのも、かねて僕自身も邪馬台国吉野ヶ里遺跡と大宰府政庁と筑後平野の位置関係を何度か書いておりまして、脊振山頂から見える吉野ヶ里遺跡の絶妙な位置取りと、同じく脊振山頂を仰ぎ見る太宰府政庁との関連を感じていた人が文献には探せなくてもいるのだなァと妙に感激したものです。

その方のブログに最近、脊振山頂から壱岐島が見えるのだろうか? という文章があって、「イヤ、尾根の関係上、雷山からは見えるが脊振山頂から壱岐島は見えないはずだ」とコメントを記したものだから確認の意味もあって快晴の頂に向かったのでした。

f:id:murasawatakehiko:20150310013812j:plain

吉野ヶ里遺跡前のバス停から山頂の自衛隊レーダーがクッキリと確認できます。見えますか? 小さな白い点が二つあります。これ以上山側に近づくと手前の山の陰に入り全く見えなくなります。この位置取りが絶妙だと感じています。攻めるによし、守るによし、脊振山頂を経由して大宰府博多湾や糸島に狼煙で伝えるによし・・・の位置関係です。

f:id:murasawatakehiko:20150310013922j:plain

標高1055mの山頂には立派な自衛隊の基地があります。今も昔も朝鮮半島を警戒し筑紫地方を見守るに絶好の観測地です。

f:id:murasawatakehiko:20150310013935j:plain

この日は福岡市の向こう、写真では判りにくいですけど志賀島玄界島は良く見えましたが、やはり壱岐島は見えそうにないですね。大宰府は非常によく見えます。

f:id:murasawatakehiko:20150310013956j:plain

この日は脊振山系の中腹を東西方向に走る蛤岳広域林道と金山広域林道を走りました。標高400mから700m付近をアップダウンを繰り返しながら適度に曲がるサイクリングに非常に適した素晴らしい道ですが、林道なので地図には載ってないのが多いですね。金山広域林道は初めて走りましたが、西側は三瀬城址をかすめて三瀬トンネル南側出口付近に出るようです。

今回は以前走った逆ルートで、三瀬から先は北山ダム北側をかすめ、雷山の近くの長野峠や観音峠近くの山間の集落にある知人の家に向かいました。昨年の1月にも自転車で突然お邪魔しましたが、今度もまた気の向くままにフラッと立ち寄りました、自転車で。

そこの主は80代ですが、非常にお元気で、懐かしい明るい笑顔で「ヤア、村澤君、今からテニスをしようか・・・」とテニスの相手を所望されました。自宅にテニス場があるお宅で、昔し何度もそんな静かな山間でテニスをしたことを想い出します。

しかしながら、僕がテニスをしたのは留学中の20年前が最後で、なかなか思うようにその先生のお相手が出来ず、30分もしないうちに「そろそろやめようか」となり、日が暮れぬうちに・・と、僕は再び自転車に跨り山を下りて行きました。

しかし想定外のテニスで帰宅時間が遅れ、すっかり暗く寒くなって家に辿りつきました。春まだ浅き日の僅か125kmほどの短い旅でしたが、総獲得標高1720m・・・懐かしき人と過ごした想い出深いものとなりました。

読んでくれてどうもありがとう