読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

日本の七十二候を楽しむ

ブログを読み返してみると、2009年頃から旧暦生活を僕は楽しんできた。しかし、その楽しみ方は今思えば実に浅はかで、「旧暦生活を楽しむ」などというレベルには程遠かった。

murasawatakehiko.hatenablog.com

しかしながら、今回手にした【日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らしー】は実に素晴らしい本だと思われる。先日ご紹介した【日本の大和言葉を美しく話す】の姉妹本である。

f:id:murasawatakehiko:20150406002055j:plain

今は旧暦の二十四節季でいうと「春分」の次の【清明】であるが、先週は「春分」の末候の【雷乃声を発す】という七十二候の一つにあたっていた。意味は{春の訪れを告げる雷が鳴り始めるころ}で、その春雷は数回で鳴りやむ短い雷の音が特徴らしい。

実は4月3日は当地で今年初めての雷「初雷」が鳴り響きました。ぴったしカンカンだったので驚いてしまいブログに書き残しておこうと思います。

読んでくれてどうもありがとう。