読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

My GW 2015

5月5日は「こどもの日」、幸い患者さんたちの体調も安定しており、少し早目に仕事を午後1時半で切り上げ?て、速攻で両親とワンコ達を連れて「GWの旅」へ出かけました。お先が長い妻子には今年も我慢してもらう(来週何とかするから・・)として、老齢の両親とGWとは無縁のワンコ達にはなかなか普段は孝行も出来ないので、こんなに最高に爽やかで晴れ上がった行楽日和を無駄にするわけにもいきません。これから先あと何年、何度こんな素敵な行楽日和が巡ってくるのか・・・あまり先を考えたくない年齢の両親と共に今日は貴重な半日のお休みを過ごすことにしました。サイクリングはいつでも行けるし、僕が普段サイクリングに走る道を両親にも教えてあげたかったし・・・

f:id:murasawatakehiko:20150506102949j:plain

行きはフェリーに乗船しました。ワンコ達は無料でしたが、デッキで休む暇もなく、「子供の日」の子供たちに熱狂的な歓迎を受けておりました。2匹は上品で大人しく、吠えたり噛んだりもしませんので、総勢20人ほどの子供たちと「ふれあって」過ごしました。

f:id:murasawatakehiko:20150506103111j:plain

雲仙国立公園・・・2年前も両親と出かけましたが、その時は春の嵐でどうしようもないくらいの天候でしたが、今回は早咲のミヤマキリシマが咲き始めており、満開にはまだ1~2週先なのでしょうが、イイ感じに見頃だったかと思います。人出も時間帯が遅かったからか、案外少なくて落ち着いた行楽日和でしたね。

残念ながらワンコ達はロープウエイで妙見岳山頂までは行けず仁田峠にて30分程待つことになりましたが、階段を少し無理しながら登った両親たちは素晴らしい景色を目に焼き付けてくれたことでしょう。88歳の父が「ここまで来たからにゃ、登るぞ」といって長い階段を登る姿はチョット感動でした。下山時の笑顔も嬉しかったですね。

f:id:murasawatakehiko:20150506103145j:plain

この旅行?は出発前1時間の時点で決定し、着替えも持たない慌ただしい出発だったのですが、夕食までに時間も余裕があったので、雲仙温泉で立ち寄り湯をしました。何度か行きましたが、富貴屋ホテルの立ち寄り湯はタオル無料・貴重品ロッカー無料、そして新たに「湯上りドリンク付き」で1000円でしたが、お気に入りの雲仙温泉の立ち寄り湯です。

そして島原半島島原市と反対側の小浜温泉に夕日を追いかけるように降りて行き、大好物の渡り蟹を食べようとしましたが、GWの客の多さで売り切れでした・・・残念。前にサイクリングで立ち寄って立派な蟹を堪能してたので非常に残念でした。

しかたなく?でもないのですが、小浜のB級グルメとして町興しでも有名になった「小浜ちゃんぽん」を食しました。温泉卵入りの大盛りで850円・・・非常においしかったです。

帰りは暗くなってましたのでフェリーではなく、曲がりくねった海岸線の道(よくサイクリングで走る道)を走って帰りました。

両親が後部座席で色々と外を眺めながら昔話をするのを黙って聞きながら運転するのは好きですね。何かをお互いで確認していると同時に僕にも何かを伝えたい・・・。その何かは暗黙の了解が出来るんですね・・・家族だから。

途中で妻に「あなたもご両親に親孝行してあげなさい」とメールしましたが、「うらやましい」との返事でした。出来るときに親孝行をするささやかな多幸感を妻にも・・・と思いながらのGW 2015 の小さな旅でした。

3人と2匹、総額15,000円の素晴らしい旅でした。

読んでくれてどうもありがとう