読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

アレはカルト宗教の人たちですか?

日曜日に美容室に行ったのだが、その4階の窓の下の賑やかな通りを太鼓を打ち鳴らしながら数十名のデモ隊が「戦争反対、戦争いならい」と練り歩いていた。それを見下ろしていた若い美容室の女の子が、「あの人たちは何なのですか? 宗教の人ですか?」という。もちろん、「集団的自衛権違憲だから反対。独裁者アベシンゾーはすぐ辞めろ」と言う人たちなのだ。

『まあ宗教みたいなものかもね。でも、宗教なら自分たちだけの問題だけど、連中は日本が中国共産党に支配されるのを何とも思わない連中だから普通の日本人の敵かもしれんね』

「じゃあ、あのトラックでワンワン大音響でわめいてる人も宗教なんですか? 一体、どっちがいいんですか?」と若い女性はマジな顔で聞いてくる・・・

『どっちも変だから・・・ しいて言えば、中国や朝鮮の言うとおりにすべきというのが太鼓の連中の主張で、中国や朝鮮の言うことは許せんというのがトラック隊の主張だね。どっちも偏った意見で、どっちも良くないんだよ。君たちはそんな風に見てたのね?』

オジサンは少々というか、かなりショックを受けた。こうも若い子たちが政治に無関心で世界情勢に疎いのか? 美容室で髪を整え、ネイルアートにお金をかけ、少なからぬお金を服装やスマホなどに費やすのに中国や朝鮮の政治体制の問題点を何も知らないのか?

『君たちは選挙もない、意見の違う人を弾圧する、チベット族ウイグル族を殺す、独裁国家の中国や、徴兵制の韓国や北朝鮮みたいな国が好きなのか? そんな国が日本の領土や自由主義体制を奪おうとしているのを憲法9条があるから大丈夫と思うのかい?』

「中国とか韓国とかに軍隊があるのに日本には軍隊があったらいけないって、中国がせめて来たらどうするんですか?」と少し進歩・・・(笑)

『君たちは文化大革命とか天安門事件とか知らないのでしょ? 1989年だから生まれてないよね』

 

ついでに中国大好き沖縄県知事に対して尖閣を抱える石垣市長が激怒している話などもしてあげたら興味深そうに聞いていた。

でも、彼女らを洗脳してしまうことは容易なんだろうね。昔の学生運動にしてもチョット弁が立つ野郎がいとも簡単に言いくるめていたんだろうね。

学生運動もカルト宗教と似てるんでしょうね。

『お嬢さん、太鼓の連中もトラックの連中もどっちも変だから注意してね。普通の日本人ならあんな酷い中国や韓国になりたくないから集団的自衛権をなぜ急いで行使できるようにしたいのか理解しているだろうね』

「そうですよね、ヤッパリ日本が良いですよね。中国よりアメリカのほうが自由があって良いですよね?」と、最後は理解していることでしょう。