読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

お墓の抽選

少し前にワザと誤字?して「お墓」の話を某記事に混ぜ込んでいた。ちょうどその頃にお墓のことを考えていたので無意識のうちにお墓という文字が浮かんだのだろうと、そう思って訂正せずにいた。そしてそのお墓の抽選が7月末にあり、残念ながら落選してしまった。

江戸時代の頃から、多分そのずっと前から居をこの辺にしていたハズのご先祖様の墓は確かに近所にあるしそれはそれで僕の幼少期からの想い出と共にあるのだが、叙勲を受けた父には少々立派な墓所を・・・と思っていたので、某人気の墓地が年に一度の抽選をする時期だったので申し込んでみた。

結果的に最高倍率250倍、最低倍率15倍の公募7か所の墓地の中で「最も広く、場所も良く、恐らくその墓地の中で10本の指に入るような驚くほど最高の場所が公募していたので応募してみたら25倍・・・まあ当たらなくて当然といえば当然なのだが、もしも当たったら「いますぐ死んでもいい」というくらい最高の墓所だったのは間違いないし、この先10年間にこんな最高の墓所は絶対に出そうもないと思う。それなのに25倍というのは250倍の墓所の5倍以上の値段がするからだったからどろう。しかし、「これは安い」と正直感じたほど最高の墓所だった。

まあ、当選したら3年以内にキチンと墓地を建設しなければ返却すべき規則だったし、落選したことは「両親にもっと長生きしてもらえ」という神様仏様のお気持ちだったからだと思うようにしたい。

もうすぐ90歳になろうかという父は「残念だったね」とポツリと言ったのだが、まあ父には相応しい立派な墓所が見つかるまでもう少し頑張って生きてもらおうと思うことにした。

そんな両親は土日を利用して新しく世界遺産に登録された軍艦島へのツアーに参加してきた。猛暑の中をツアーに参加して元気な両親であるから、僕自身も納得できる墓所が見つかるまで今後10年ほどは生きといてもらわないといけないなあ・・・

読んでくれてどうもありがとう