読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

少しの解放感

今日 9月13日は宮城県石巻市気仙沼市を往復する被災地復興応援サイクリングイベント【ツールド東北 2105】の日だった。昨年、この大会に初参加して震災後3年半の石巻・女川・雄勝・南三陸志津川気仙沼を巡り、目の当たりにした風景に言いようもない感覚で帰宅したことをつい昨日のことのように想い出す。そして、今年は昨年の170kmコースから210kmコースに伸ばして再び参加しようとずっと考え周囲の友人たちにも「一緒に参加しようよ」と薦めていた。

ただ、発表された開催日が僕の仕事にとても重要な某試験の日と重なる不運に見舞われてしまった・・・どちらも年に一度。そして、当然のことだろうが、泣く泣く某試験の方を優先して週末は東京へ行ってきた。そして、仙台を想い出しながら羽田空港で仙台「牛タン」を食べて自分を慰めた(笑)

f:id:murasawatakehiko:20150914002025j:plain

天候も素晴らしく、【ツールド東北】でなくても、近隣でも最近知り合った素敵なサイクリング仲間に素晴らしいライドを今日は誘っていただいてもいたのだが、その両方ともをあっさりと断るべき重要な試験・・・だが、記憶力も知力も体力も根性も落ちてきた疲れた56歳には少々荷が重かった。

本来なら医師国家試験に合格して7年~10年ほど、つまりフレッシュな35歳前後の記憶力も体力も充実した時期に受けるべき非常に難しい試験なので、普段の多忙な仕事の合間に努力してもそう簡単にはいかないのは判ってもいたが、3年計画位でなんとがダメもとで頑張ってみようかと思って疲れ果てて帰ってきた。

ここ数週間は平均5時間、今週は4時間くらいの睡眠時間でやってはみたものの、様々な雑用(仕事を含め)に追われるなか、毎日の仕事を終え夜11時頃に帰宅して深夜2時頃までの勉強時間しか確保できないのは辛かった。たまに1日5時間くらい勉強出来る日も無くはなかったが、年に一度の試験ながら、あと2回受ければ何とかなるかなァという程度の感触は得られた。ただし、気力も体力も続き、生活上の問題も仕事上の問題も、ついでに健康上の問題も良好に推移していければ・・・という条件付きではあるが。

 

( 非常に疲れてはいるが、久しぶりに少しの解放感を味わっている。忘備録として、正直な感覚を書き残している、自身のために・・・ )

 

来週からまた佐野元春さんと、サイクリングと、読書と、ブログ書きも? 復活しようかと思うが、佐野元春の新作アルバム BLOOD MOON はチョット素晴らしい。他の人には書けそうもない曲が並んでいて・・・、35周年の記念になる作品かと思う。

f:id:murasawatakehiko:20150914001641j:plain

医師国家試験に合格して30年になるが、医学の進歩もかなり実感した難しい試験・・・、今年の合格は難しかろうが、「今さらそんなの受けなくてもいいさ・・・」という人たちの声に耳を貸さず「受験」して良かったと思う。それが、結局は患者さんのためでもあるのが良く分かったから。

まあ、60歳になって合格してなかったら諦めようかとも思うけど(笑)