読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

またまた「生きていけない」

あと2話で当地で再放送中の韓国宮廷歴史ドラマ【トンイ】が終わる。あの【ホ ジュン】の時にも言ったが、【トンイ】が終わると何を楽しみに生きていけばいいのか? もう生きていく楽しみが無くなった・・・(笑)

それにしても、【トンイ】と【ホジュン】に登場する役者の重複の多いこと・・・驚くほどだ(笑)

f:id:murasawatakehiko:20150923224536j:plain

さて、【トンイ】を観ていると、朝鮮李王朝の政治に日本の事は全く出てこない。ロシアの事も出てこない。17世紀の物語だから江戸時代の話。【ホジュン】には秀吉の朝鮮出征の場面で野蛮な日本人が描かれているが、救援要請に応じて助けるのは明朝の兵士だった。

【トンイ】の時代は既に明朝から清朝に時代は移行しているが、王様が世継ぎである皇太子(セジャ様)を任命するのに「清国の承認」が必要な時代だったと描かれている。重要な案件を処理する際も清国の密使との刷り合わせが必須・・・属国とまでは言えぬとも完全に「強い政治的影響下」にあったのは間違いない。

 

f:id:murasawatakehiko:20150915001804j:plain

要するに、今の時代の我々の感覚の方が明らかに歴史的に見てズレている訳で、「中国と韓国(朝鮮)」の日米から見て一見不可思議な結びつきは、まだ100年にも満たない「日・米・韓」の結びつきよりも遥かに重要で強固で、韓国や北朝鮮に日本の事を好きになってと期待する方が全くの理由なきことであって、ここ最近の朴大統領と習近平主席の関係の方がはるかに自然なのである。

だから「今の距離感で良いんじゃない?」と思えば、少しはモヤモヤ感も晴れるということで、納得・・・・(笑)

f:id:murasawatakehiko:20150923224728g:plain

ああ、可愛いな【トンイ】  明日から生きていけないよ、俺は・・・