Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

ノーベル文学賞 候補

村上春樹さんが10連連続でノーベル文学賞を逃した、来年こそは・・・ という話をテレビでも大々的に報じている。今年の受賞者は有力候補に挙がっていたらしいベラルーシの女流作家、でも名前は知らなかった。

f:id:murasawatakehiko:20151009225553j:plain

ノーベル文学賞というのは非常に不思議だ。

言葉の違い、社会の違い、文化の違い、人種の違い・・・、色んな要素で全く異なる文学があり、詩歌や小説など大きく文体も違う。優劣が着くのだろうか? 国や言語が異なれば全く比較はできないのではなかろうかと僕は思うし、「ノーベル文学賞」は今や無用のものではないかと思う。それよりも、もっと自然科学分野の受賞者を増やしてもいいのではないか? 「ノーベル平和賞」などというものも無くして、医学・生理学賞なども数倍の受賞者が居てもいいと思う。

f:id:murasawatakehiko:20151009225401j:plain

さて、我らが日本の誇るノーベル文学賞の万年最有力候補、村上春樹さん。残念ながら僕は全く、ただの1冊も彼の作品を読んだことが無いので論評する資格もない。そして読もうとすら思わない、たとえ受賞されても・・・ 相当な永年の読書家であると自身では思っているのだが。

f:id:murasawatakehiko:20151009225223j:plain

優劣はつけがたいと先程書いたが、同じ日本人の同じ小説家としてなら少しの比較対象は可能であろうし、その中での現役ベスト3辺りが有力候補として名前が挙がるのならわかるが、どうも今の日本には村上春樹さん以外で候補として名前が取りざたされる人は皆無の様だ・・・マスコミによると。でもホントだろうか? 村上さんが現代日本の断トツトップの小説家なのであろうか?????

 

ンなことたァないだろう????? 1番のハズがない!!!

f:id:murasawatakehiko:20151009225305j:plain

まあ僕の好み、評価のトップは帚木先生で全作品を完読しているくらいなのだが、ノーベル賞とは無縁だろうとも思っている。

f:id:murasawatakehiko:20151009225508j:plain

村上春樹さんの受賞は大江健三郎さんの受賞と同じくらい不可思議なこととも思うのだが、全国の熱烈なハルキストの方々に批判のコメントを頂戴することになろう。でもヤッパリ、村上春樹???と思ってしまうのである、一作も読んだことないけど・・・