読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

牡蠣小屋へ

僕は残念ながら「連休」というのには長らく無縁ですが、11月22日・・・「いい夫婦の日」に愛妻を連れてシーズンを迎えた牡蠣小屋へと馳せ参じました。

が・・・、午後3時半過ぎに糸島半島の船越漁港に到着しましたが、8軒ほどある牡蠣小屋の半数は受付終了しておりました。危ないところで食べられないところでした。

f:id:murasawatakehiko:20151123175225j:plain

どの店にも長い列がありましたので妻と手分けして並んで早い方に入りましたが、ど派手な場所でした。でも、想像以上に美味しかったし、2人で満腹で5,400円ほどでしたので、案外安くて楽しくもありました。

f:id:murasawatakehiko:20151123175245j:plain

他の地域の牡蠣小屋は経験ありましたが、この漁港は大胆かつ賑やかで体育会系牡蠣小屋でしたね。常に大音量の掛け声があちこちで飛び交っていました。学生バイトばかりでイイ商売ですね、もうかってそうです。

f:id:murasawatakehiko:20151123175305j:plain

どこも1軒あたり客が少なくとも200人は入りますので、1時間で1回転として・・・昼間の5時間の営業で客は1000人、漁港全体の8軒で毎日約8000人のお客さんで大賑わいの船越漁港でした。

f:id:murasawatakehiko:20151123175319j:plain

糸島半島にはこんなのが5~6か所以上は少なくとも有りそうで、5万人の牡蠣ファンが各地から殺到しそうですね。面白いです・・・外国人は喜びそうですね。また行きたいと思いますが渋滞と食中りが怖いですね。

f:id:murasawatakehiko:20151123175331j:plain

それにしても世間の3連休・・・大嫌いです。

税金のために働く奴隷の愚痴を聞いてくれてどうもありがとう