読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

論文の投稿しました

年末年始は外来がお休みだったので、毎日診療所に出勤しているとはいえ普段よりも少し時間的余裕がありました。

そこで昨年5月に医学雑誌に掲載された論文に続いて今回また論文の仕上げに時間を割いており、ブログの更新とか有難いコメントへのご返事とかが疎かになっておりました。短めの近況報告とかはなんとなくFacebookの方がスマホから気軽に写真も含めて投稿しやすいので・・・という点も最近は感じていますが、ヤッパリ「匿名で本音をグダグダと書き連ねる・・・」というのはBlogの方がイイですね。Facebookで似たようなことをしている人も沢山いるようですが、よくもまあ実名であんな風にアホな行動や頭の中身を公開出来るものだと驚くほどです。僕なんか匿名でも恥ずかしいのに・・・

それから・・・・・、匿名だと「嘘も平気で書けます」ね(笑)

 

さて、英語ではなく日本語ですけど、原稿で本文が12ページ、図表が14というのは結構な分量の論文です。前回論文の原稿も同レベルでしたが、今回は慣れたせいか、労力が半分くらいで年末年始の間に一気に進みました。まだ掲載してくれるか否かは不明なのですが、昨年の論文よりもレベルダウンは少なくともしていませんので、多少の手直しを経て掲載してもらえると自信を持ってはいます。

開業医でありながら論文書きを繰り返すのは楽じゃないし珍しいのですが、レコードアルバムと同じく記録に残せる仕事というのは、日々の流れ去っていく通常診療とは違って達成感があって良いものではあります。また、スタッフや家族にも何となく頑張ってる姿を見せるのはイイことでしょうし、出身医局の教授や仲間たちにも喜んでもらえるらしく、面倒な作業ですけど喜ばしいことでもあります。

 

なかには開業に何か役に立つのか? 患者が増えて収入も増えるのか? とか的外れな質問をされることがありますが、「ぜんぜん」と一応答えています。

でもイイんです。自分でも開業直後は別にして、15年以上経過して後に論文を複数回投稿するなんて夢にも思っていませんでしたから、イイんです・・・全く金にならなくとも。

ということでスッキリしました。まあ便秘解消というか、アレの時の感覚ににてますでしょうか???? (笑)