読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

懐かしいなぁ

半年前から必要に迫られて始めたFacebook・・・、今も使い方が良く分からない。僕の場合、友達数はまだ40人に届かない。別に自分から増やそうとも思わないし、記事は友達しか読めないように制限している。おまけに、5名位は「友達」を外してしまったので嫌われているかも?

でも、友達がその友達の公開記事をイイねボタンで飛ばしてくるので覗いてみると、数千人単位の友達を持ってる人が凄く多いのに驚かされてしまう。ブログも匿名じゃなきゃ一緒かもしれないが、Facebookの場合は友達に強制的に記事を飛ばしてるわけで、中には友達申請しまくっておきながらアホな記事しか書かない馬鹿も混ざっているのでイイ迷惑だと思うから僕は友達を増やさないことにしている。

でも時々は友達申請が突然飛び込んでくるし、名前は知ってるけど良く想い出せないし・・というのが多い。要するに、その当時は友達じゃなかった知り合いやクラスメートや関係者(笑) 今日も2名から友達申請していただいたが、男性の方は保留・・・、女性の方だけ承認した(笑)

 

名前を見ても誰かわからない・・・、その「友達」一覧にうちの職員が一人いて・・・、プロフィール眺めていたら「もしかして?」ということになった。要するに夫の転勤についていくため退職した看護師が離婚して名前が変わっていたのだった。どうりで知らない名前のハズ。というのをメッセンジャー機能で確かめてから「承認」、でも記事を読んでも今いる職員達には秘密にしてくれるようにお願いした。当然ながら当ブログの存在は誰も知らない。

 

その職員が退職して15年・・・、看護師は誰ひとり退職していない。事務も二人の正職員はそのまま。彼女の退職当時とほぼ同じ顔触れで単に15年の月日が流れただけ。彼女の方は離婚や就職で色々と大変な人生を歩んでいたらしい。でもどうして今夜僕を想い出して?友達申請してくれたのだろう? 

 

昨年末の12月の診療報酬の計算が出来たのだが、単月としては開院以来の最高額だった。まあ、年末年始も天皇誕生日も休まず働いているから少しは他より多くなきゃ困りものだが、政府の決める診療報酬は改定の度に削減がもう10年以上続いている。透析の場合は特に下げられているので、毎年3%くらいの患者増でないと前年度を維持することは出来ないが、ホントに久しぶりに過去最高額を更新した・・・といっても月に15万円ほど更新しただけなのだが。これでようやく収入が一日に100万円、月に3000万円を突破した・・・(安心してください、冗談ですからww)

 

この間に周囲に競合施設が数か所出来たし、前述の様に医療費削減も続いているし、体力は衰えてきている筈だし、医療技術も時代遅れになりつつあろうし、周囲の医療機関を見回しても数年前より患者数も収入も大きく減らしている所が多いかと思うが、患者さん達に選んでいただいて業績更新いるかと思えば嬉しいことだと思う。

 

人生いろいろで、僕は僕なりに普通の生活や家族の生活も犠牲にしながら今に至っているが、かつて一緒に働いた人から「先生がいい職場環境を作っているから誰も退職しないんですよ・・・」とかなんとか褒められるとなんだか嬉しい新年の再会?でしたね。今の職員達もそんな風に思ってくれてるのかしら????

 

また明日から頑張って働こう