読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

2016年1月24日 琴奨菊 優勝

ついに、ようやく、いかにも日本人らしい日本生まれの日本人力士の待望の大相撲幕内最高優勝の日が10年ぶりに巡ってきました。実に嬉しいです。琴奨菊、ホントによく頑張った、ありがとう。

f:id:murasawatakehiko:20160126000917j:plain

思えば、数年前に一度婚約がご破算になってショボクレテ、影がスッカリ薄くなった琴奨菊稀勢の里の陰に隠れてひっそりと大きな体を隠していたわけだけど、テレビで見る限り、「体幹トレーニングコーチ」の存在と、「愛妻」の存在と、ラガーマン五郎丸にも負けない「ルーチィーン」のお蔭なのだろうと思う。この「ルーチィーン」、僕も診療スタイルに関しては「ルーチィーンスタイル」をかたくなに守っている方かと思う。このブログに昔詳しく書いたがどこに書いたか探すのが難しい(笑)

f:id:murasawatakehiko:20160126000940j:plain

その柳川のお堀に掛かった優勝祝いの横断幕・・・よく見ると水面は凍っている様子。さすがに琴奨菊の優勝の熱気も柳川の川の氷を融かせなかったほどの昨夜の寒気だったのだろう。観測史上最低の気温だったようだ、このあたり一帯も。僕自身もうまれてこのかた36年間(笑)、これほどの寒さは経験が無い。

とにかく築40年以上の木造の我が家は寒く、ここ数日はエアコンが効かないので室内は常に17度くらいまでしか温まらず、コートを羽織って勉強(笑)している。アソコも行方不明になるくらい縮んでしまっているくらいに寒い。

f:id:murasawatakehiko:20160126001004j:plain

月曜日の朝・・・デイサービスは大変だった。忘れないように記載しておこう。

日曜日夕方のうちに月曜朝の電話相談を決めていたので朝6時半にスタッフからの電話あり。車でのスタッフの出勤が難しい感じなので、営業開始を2時間遅らせて再度協議予定とした。

朝8時半~9時に職員達がいつもより1時間遅れで集まりだすが、道路が滑って危険な状況。ただ、問題は別にあった・・・

なんと水道管が凍結して水もお湯も出ない・・・ ガ~ン、である。マイナス2度ほどの最高気温予想では一日中水は出そうになく、となると調理も、入浴サービスも、トイレも・・・なにもかも不可能になるので「まさかの臨時休業」を余儀なくされたのである。しかも、後で判明したのだが、うちの売りである床暖房が機能しない状況であった。ここは不凍液が入っている筈なのだが、それほどの寒さだったのだろう。ビックリした。

幸いにも最高気温が氷点下だったにもかかわらず太陽が顔を出し、水道もお湯も、そして床暖房も復活して明日の営業再開は出来そうな感じだ。でもまあデイサービスに関しては臨時休業でも命にはあまり関係ないので、台風直撃や大地震直後と同じ数年に一度の「大当たり」と思ってやり過ごすしかないのでクヨクヨなんてしてもしょうがない。

やはり心配だったのは透析・・・

これこそ水道管が凍ればアウトなだけに前日から水を流して対応していたので凍結は回避でした。しかし、問題は患者さん達の来院手段・・・

いつもは送迎をしている患者さんも開始時刻を1時間ほど遅らせることを前夜に伝言していたし、なんとか近くの患者さん達は問題なく来院してくれたが、少し遠い場所からの3名が数時間遅れての来院となった。タクシーも手配できず、遠方なのでスタッフが来院しにくく手薄な中を危険を冒して雪道を送迎にも行けず、かといって土日の中二日の後だけに透析しないわけにもいかず、これはもう台風以上に困った。開業以来18年・・初めてだったし、数日にまたがる寒気や積雪は台風以上に困るということを知った。雪国の透析施設はどう毎年長期間乗り越えているのだろう、感心してします。

僕は寒いより暑い方が好きで、温暖化は苦にもしていないが、はやく暖かくなってほしいと切に願っている。

恐らく、2016年1月24日から翌日にかけてのことは長らく忘れないと思う。