Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

小保方晴子 vs. 若山照彦

【あの日】の内容は衝撃的・・・らしい。

若山照彦山梨大教授に関しての様々な疑惑が元もと出されていたが、「えっ? ヤッパリそうだったの? だったら謎が全部解ける・・・」という内容だった・・・らしい。

 

らしい…というのは、初版の5万部はとっくの昔に売り切れで、僕は今もなお購読出来ていないせい(笑) アマゾンでも2週間待ちらしい。

f:id:murasawatakehiko:20160204004844j:plain

確かに小保方晴子は科学者としては未熟で復活は出来ないと思うほどの問題を起してしまったが、STAP細胞が再現できない主な原因は若山教授の不可思議な言動によることは恐らく当たらずとも遠からずと感じた。

matome.naver.jp

僕の中ではずっと今回の問題で重要人物の中での悪役の順番は、悪い人順に・・・

① 若山教授 ② 野依理事長 ③ 小保方晴子 ④ 理研幹部連中 ⑤ 笹井センター長 であろうと思っていたし、今も思う。そしてその大きな謎を追及できなかったばかりでなく、間違った方向に小保方晴子のみを追い詰めていったマスコミと(科学者を含む)世間の連中が更に悪いのではないかと思う。小保方晴子はそんな悪党相手に命がけの告発をして逆襲を始めてしまったのであろう。

人生を狂わされた女の復讐心は軽く見てはいけない。

恐らく若山教授を追い詰めてしまうに違いない・・・

blog.livedoor.jp

一貫して小保方擁護派であった僕としてはスカッとする本だと思うが、今もなお似非知識人や自称科学者などが反小保方姿勢を崩そうとしないのを見ると、よほど頭が悪いのであろう? 人間を見ることが出来ないのであろう? と、厭味の一つも言いたくなる。