Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

妻と奈良へ

子供連れて奈良、飛鳥方面へ旅したことはありましたが、妻と二人だけで奈良へ出かけたのは初めてです。

ここ1週間は凄く色々あり忙しかったのですが、なかなか休みが取れそうな日曜日が無かったので、思い切って旅に出ました。お天気も良さそうでしたからね・・・。また、サイクリングにはまだまだ行けませんので、歩き回る旅を久しぶりにしてみました。

旅と言っても、例によって「土曜の夕方に行くと決めて日曜日の深夜に帰宅する」という行き当たりばったりの旅です。いつもは一人でフラッと出かけるのでそれも気楽ですが、今回は妻にも付き合ってもらいましたので、妻はビックリだったようです。

murasawatakehiko.hatenablog.com

 

木曜日あたりから何となく奈良にでも行こうかな?と思っていました。

例えば、葛城古道とか、河内飛鳥とか、山野辺の道とか、吉野とか・・・

でも、金曜の朝に「大きな問題」が突然発生・・・一時は無理そうになりましたが、なんとか土曜の午後にかけて粘って予定を調節して、「時は金也」と、思い切って出かけた次第です。妻に「一緒に行きたいかい?」と打診したのは土曜の午後4時・・・、夜8時の新幹線に飛び乗ってましたので、女性にとっては大変だったと思います。

新幹線乗車の直前に京都駅構内の近鉄ホテルの最後の一部屋を確保し、朝食用のパンを駅で買い込んでホントに寝るだけの宿泊でした。でも、桜満開シーズンど真ん中のホテル不足の京都で当日予約できたのはラッキーでした。ここは列車移動には何しろ便利です、駅構内ですからね。

翌朝は7時40分の近鉄特急で大和八木駅へ。大阪線に乗換えて室生大野口駅まで。わずか1時間に1本のバスで室生寺へと向かいました。2年前に室生寺を訪れた際は東海自然歩道を歩いて室生の里までいきましたので今回は少々ツマンナイ「普通の旅」でしたが、妻に山道を歩かせるのも酷ですので、仕方ないですね。

f:id:murasawatakehiko:20160414235020j:plain

2年前とほぼ同時期だったのですが、今年は室生寺シャクナゲ(石楠花)には早すぎました。ついでに、後で訪れた長谷寺のボタン(牡丹)にも早すぎました。4月下旬がどちらも旬ですから、皆さん是非どうぞ・・・

f:id:murasawatakehiko:20160414235042j:plain

長谷寺室生寺も好きな寺ですから妻を連れてってあげたかったのですが、さすがに室生寺奥の院までは酷でしたので途中で引き返しました。でもまあ、吉野まで行くには時間も足りませんしね。

f:id:murasawatakehiko:20160414235100j:plain

室生寺では「ヨモギ餅」をいただきました。長谷寺では「三輪のにゅう麺と筍ご飯」、吉野では「わらび餅」をいただきました。それぞれに美味しかったです、妻と一緒だったので・・・

f:id:murasawatakehiko:20160414235117j:plain

吉野山は桜満開でしたが、到着が既に3時でしたので、時間不足で金峯山寺秘仏御開帳時間には間に合わず、ちょっと残念でした。

f:id:murasawatakehiko:20160414235144j:plain

でも、吉野は最奥の金峯寺その他を歩いてみたい気がしましたが、今回は時間的余裕が無かったですね。次こそは・・・なのですが、妻と一緒だとドンドン歩いて回るのは無理かもしれません。まあ、愛妻と一緒の時はそんな感じの旅をすべきかとも思いますし、今回はこれで良かったのでしょうね。

f:id:murasawatakehiko:20160414235157j:plain

また妻を誘って旅をしてみようかと思いますが、突然の旅に妻がどこまでついてきてくれるかは非常に不安です(笑)