Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

早朝のプールにて

とても素敵な天気が続きましたが、先週末は舛添要一に文句の一つでも言ってやろうと東京へ行ってきました。妻と一緒に東京で宿泊するなど実に久しぶりです。3年以上も前の話でしょうか?

その東京のホテル・・・実は、場所や価格ではなく、「プール」で決めました。

f:id:murasawatakehiko:20160524004200j:plain

数ある屋内プールを有する都心の高級ホテルの中でも雰囲気の良さから僕の最近のお気に入りは「Pホテル」です。もっと大人っぽい雰囲気のプールもありますし、不倫などの際の妖しいエロいプールなら六本木の「GHホテル」などが窓もなく相応しいでしょうが、皇居を見下ろす眺めのイイ「Pホテル」の晴れた朝の開放的な雰囲気はシッカリと泳ぐ際には満点ですね。

f:id:murasawatakehiko:20160524004221j:plain

ここはジム自体は24時間の運営で、プールは早朝6時半から22時までの利用が可能です。日曜日の朝は9時には仕事関連で出かける必要がありましたので、8時半にはプールから上がる必要があります。余裕は約2時間です。

かつて少しだけプールで泳ぎを習ったことがありましたが、そのプールは閉店になり既に1年近くが経過してしまいました。もう習ったことすら忘れてしまって上手く泳げるかどうか判りませんでしたが、サイクリングしない週末は泳ぎも手首のリハビリになって良いかも???と急に思い立ちました。当時も2時間までなら泳いだことがあります。2時間で4000m・・・ さすがに水温が低めだと2時間は寒くなりますし、飽きてしまいますね。

f:id:murasawatakehiko:20160524004237j:plain

Pホテルのプール自体は広くはないので誰も泳いでいない時に・・・と思い、朝6時半に受付したところ既に3人の先客あり、15分ほどして別に3人が現れました。男3人、女3人・・・うち一人の女性は20代のモデル並みのスタイル抜群の方でした。もう全員が欧米系の外国人で、アジア系の美男子は僕だけでした・・・(笑)

久しぶりに、実に久しぶりにクロールで泳いでみたところ、少しギコチナイ泳ぎをして前に進みづらく、美女の手前やはり恥ずかしくなり、アソコも悲惨なことにアジア的に悲しく縮んでしまいました。でも、体力はなんとか自転車のおかげでなんとかなるようで、1時間、1時間半、2時間・・・と、自己最高の2時間にアッサリ届いてしまいました。

それでも全く息があがる気配もなく、時間さえ許されればアレと同じく3時間でも4時間でも泳げたことでしょう。ただ、この日は無駄無し泳法でユックリ泳ぎ「手のリハビリ」を頑張ってみました・・・イイ感じでした。

2時間ピッタリで約3500mmでしたが、今の自分なら体力的には3時間で5000mは泳げたと思います。泳ぎのコツは2000mを超えたあたりからスッカリ戻ってきました。でも、その辺りからプールには僕ただ一人・・・黙々と泳ぎ続ける僕に呆れて逃げてしまった可能性も否定はできません。

それにしても朝6時半からの水泳は眠くて疲れました・・・だって、昨夜は美しい妻と一緒だったので、アレがソレであまり眠ってないからですね(笑)